脱毛と脇の黒ずみ対策

脱毛と脇の黒ずみ対策

脇のこすりすぎは黒ずみの原因

脇の擦過傷

黒ずみがない肌の色がきれいな脇になりたいと思ったことはありませんか。気温が高くなり、ノースリーブやキャミソールなどを着る夏は特に、脇の黒ずみや垢などが気になる季節ですよね。そもそも垢とは古い角質がはがれ、皮膚の分泌物と混じったものです。日本人の場合、入浴は浴槽に入る習慣があるので、お湯につけている間、ある程度の垢は自然と剥がれます。しかし脇などの関節の裏などは垢が溜まりやすく、毎日体を念入りに洗っていても、出てくるのです。脇を洗ったときに垢が出てくるので、不潔に感じ、必要以上にこすってしまうことがありますが、この刺激が黒ずみのもとになることがあるので要注意なのです。セルフ脱毛によるカミソリ処理でも同様に刺激となります。刺激を受けると肌を守ろうと皮膚が硬くなり、黒ずんでしまうためです。そして、黒ずみができると、気になり、ますますこすってしまうため、悪循環に陥ります。脇の皮膚は薄くデリケートなので、垢が気になるからと言ってこすりすぎてはいけません。毎日、浴槽に入り、体を洗っていれば多少垢が出ていても気にすることはないのです。垢がでるということは新陳代謝がよく、ターンオーバーに乱れのない健康的な肌なので、心配することはありません。逆に垢が出ない方が、ターンオーバーができず、古い角質がはがれおちないため、黒ずみの原因になるため気をつける必要があります。脇の黒ずみを改善するためには垢を落とすのではなく、肌のターンオーバーが乱れないようにする必要があるのです。

紫外線があたりにくい脇でメラニン生成!?

日焼けした肌

メラニンと言えば美白の大敵であり、紫外線を浴びると生成されると言う方はご存知だと思います。実はこのメラニンが脇の黒ずみの原因でもあるのですが、脇は他の部位に比べると紫外線は当たりにくいのに、どうして、生成されてしまうのでしょうか。その理由はメラニンが生成されるのは紫外線だけでなく、それ以外の刺激が原因になることがあるからです。女性の場合、わき毛の自己処理を行うことが多い場所であり、関節の裏側と言うこともあり垢がたまりやすく気になるので、必要以上にこすってしまうことがあります。服がこすれるだけでも、皮膚の薄い脇にはダメージを与える刺激になりうるのです。刺激を受けた肌は防御反応としてメラニンを生成します。メラニンを含んだ肌細胞は表皮内のできごとなので、通常角質層まで押し上げられ、垢になって剥がれていきます。しかし、ターンオーバーの乱れや、新陳代謝が低下をしていると、色素沈着をおこし、なかなか黒ずみがとれなくなります。そして更に厄介なのが刺激を受け続けたり、強かったりすることにより、真皮にまで色素沈着を起こしてしまうことです。摩擦黒皮症と呼ばれ、真皮にまで達したメラニンは改善しにくいのです。脇にメラニンの沈着を起こさせないためには、できる限り、脇への刺激を減らすことです。脇の皮膚は薄いため、少しの刺激でも他の部位よりダメージが大きいため、わき毛の自己処理なども最低限にとどめておく必要があるでしょう。

ワキガと黒ずみ対策には脇脱毛が効果的

脱毛サロンの風景

腋臭症という言葉をご存知でしょうか。脇のアポクリン腺から分泌する汗から強い臭いを発する体質のことで、一般的にはワキガと言う名前で浸透している症状です。ワキガの場合、脇の臭いが気になることから制汗剤を使う頻度が高く、制汗剤の成分により黒ずみができやすいため、ワキガと黒ずみ両方で悩んでいる方は少なくありません。また、わき毛も量が多く太い人が多いため、自己処理の影響で黒ずみが悪化していることが多いのです。このことからワキガだから黒ずみができるわけではなく、ワキガ対策やムダ毛対策によって黒ずみができていることがわかります。では、脇の臭い対策はどうすればいいのでしょうか。市販されている制汗剤を使うのではなくワキガ専用のスキンケア用品を使うことで、臭いを抑えることができます。体内から根本的に解決したい場合は動物性の脂肪を多量に摂取しないことです。欧米人が日本人に比べワキガ体質な方が多いと言うのも、食生活が影響していると言われています。ワキガは優性遺伝なので遺伝しやすいものではありますが、食生活や専用スキンケアで改善するものなので、市販の制汗剤に頼らない方がいいでしょう。自己処理に関しては、エステやサロン、クリニックなどで脱毛を行うと、自己処理をする頻度が減るため黒ずみ対策には効果があります。それだけでなく、脱毛により毛穴がふさがれることで、アポクリン腺から汗が分泌しにくくなるため、ワキガにも効果があり一石二鳥なのです。脇脱毛おすすめランキング

脇の黒ずみがひどい場合は皮膚科に相談

脇の黒ずみは基本的には角質への色素沈着なので、肌がターンオーバーすることにより、だんだん薄くなっていきます。しかし、皮膚の深いところまで色素沈着が起きてしまっていたり、肌のターンオーバーより色素沈着のスピードが速い場合はなかなか改善しません。なかなか改善しない脇の黒ずみに関しては、皮膚科の診療を受けると言う方法もあります。皮膚科と言っても、病院によって対応は様々だと言われています。例えば、脇の黒ずみの原因であるわき毛の自己処理の回数を減らすため、脱毛を勧めてきたり、古い角質を落としていくことにより解消したり、皮膚科とひとくくりにしてもその治療法は様々です。他にもハイドロキノンを使った美白効果がある治療法を勧めてくる皮膚科や黒ずみそのものをレーザーで除去する皮膚科もあります。黒ずみを改善したいと言う目的は1つなのですがそこに至るプロセスはたくさんあるのです。金額や時間、そして自分が行いたいと思う治療法を探すことをオススメします。そして、皮膚科に行って改善しても、原因を改めないことには再発してしまいます。敏感な肌の皮膚に刺激を与えないよう、気を付け、黒ずみ知らずの美しい肌でいたいものです。脇の黒ずみやムダ毛処理に悩んでいること自体恥ずかしいことだと思いがちですが、同じ悩みを持つ女性は少なくありません。皮膚科に相談したり、わき毛の脱毛を行ったりすることもよくある事例なので、気にせず勇気を持って対策しましょう。