アトピーによる脇の黒ずみには適切な保湿を

アトピーによる脇の黒ずみには適切な保湿を

アトピーによる脇の黒ずみには適切な保湿を

アトピー性皮膚炎とはひどい湿疹やかゆみなどの症状を伴う皮膚のアレルギーです。脱毛サロンにも通えないと言うケースもあります。アトピーには遺伝や食事、環境など様々な原因があり、治療や予防も様々で完治が難しい病気です。アトピーになるとかゆみが伴うため、我慢しなければならないと思っていても、掻いてしまい症状が悪化すると言う悪循環を招きます。悪循環に陥ると掻いた刺激による肌の色素沈着が起き、黒ずみの原因となってしまうのです。起きているときであれば大人はある程度我慢できますが、夜の就寝中は無意識に掻いてしまうこともあるため、100%掻かずにいられることはできません。脇や肘裏、膝裏、首などの関節部は特にかゆくなることが多く中でも脇は特にかゆくなる部位です。脇は汗をかきやすい部位であると共に、皮膚が薄いことやリンパなどが多い場所なので、アトピーのかゆみが特に感じるので、黒ずみでも悩むことが多い部位でもあります。黒ずみを防ぎ、改善するためには保湿はかなり有効なのですが、アトピー肌の場合、保湿をすればなんでもいいというわけではありません。アレルギー反応をおこしやすい肌なため、スキンケア用品の成分が悪影響を与える場合もあります。アトピー肌は普通の肌よりセラミドが不足しているため、ただ保湿するだけでは潤いが持続しないのです。スキンケア用品を選ぶ際は角質層にとどまり潤いが持続しやすいセラミドが配合されたものがお勧めです。保湿をしないという脱保湿ではなく、適切な保湿をすることで黒ずみ対策にもなるのです。