脇をきれいにするグリセリンカリ液とは

脇をきれいにするグリセリンカリ液とは

脇をきれいにするグリセリンカリ液とは

今、脇の黒ずみが気になる女性の注目を集めているプチプラコスメを知っていますか。肌トラブルに効くスキンケア用品と言えばどうしても高額なものが多いのですが、グリセリンカリ液は違います。即効性とコストパフォーマンスの良さから、肌トラブルに悩んでいる女性の頼もしい味方として注目されているのです。そもそもグリセリンカリ液とは1876年に東京医学校のエルヴィン・フォン・ベルツ教授が創製した化粧品の中では少数派であるPH12程度のアルカリ性で教授の名前からベルツ水と言う名前でも呼ばれています。配合されている成分はグリセリンとアルコール、水酸化カリウムなどです。アルカリ性と言う特性上、肌への刺激が強いため長期間使用し続けると皮膚を薄くする、肌が刺激に弱くなるという危険性(副作用)もあります。しかし、グリセリンカリ液を適切に使えば、角質を取り除くピーリング効果があるため、他のスキンケア用品と比べても即効性があり、脇の黒ずみなどの皮膚トラブルを改善してくれる救世主なのです。基本的な使い方は、コットンに浸して使います。原液でもサッとふき取れば問題なく使えますが、肌に合わない場合もありますので水で薄めて使うことをオススメします。特に脇は皮膚が薄く刺激を受けやすいため、肌が弱い方や、顔にも併用する場合は目安として5倍〜10倍に薄めて使うことをオススメします。最初は濃度は低めから初めて、肌に合うかどうか確かめながら使うといいでしょう。もちろん薄いより濃い方が効果がありますが、アルカリ性である以上、肌にとっては刺激物だと言うことを忘れてはいけません。