妊娠中は脇に黒ずみができやすい

妊娠中は脇に黒ずみができやすい

妊娠中は脇に黒ずみができやすい

妊婦

妊娠中はホルモンのバランスが変化するため、肌トラブルなど様々な体の変化に悩むことがあります。赤ちゃんが授乳の際、乳首を認識しやすくするため、乳首が黒くなることは有名な話ですが、メラニンが増え黒くなるのは乳首だけでなく、脇の黒ずみもその1つです。乳首の黒ずみの場合は生まれてくる愛おしい赤ちゃんのためなので、仕方ないと割り切れますが、脇となると割り切ることができない方も多いと思います。妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが増え、メラニンが生成しやすい状態になります。しかしこれらは一時的なホルモンの影響によるものなので、出産後、徐々に黒ずみは収まるので気にする必要はありません。少しでも黒ずみの影響を減らすためにできることは保湿などの基本的なスキンケアです。乾燥している状態の肌は摩擦などによる刺激が強くなりがちなので、保湿などのケアをしている肌に比べて、黒ずみが起こりやすくなります。脇は汗をよくかく場所でもあるので、保湿しなくていいと思いがちではありますが、決してそうではないのです。妊娠中はちょっとしたことでイライラしてしまったり、普段はそこまで気にならないことがすごく気になったりと、精神的にも妊娠前と違いがあります。脇に黒ずみを見つけてしまうと、とても不安になったり、元に戻らなかったらどうしようかと心配したりすると思います。肌に刺激を与えすぎず、適切な保湿をしていれば、産後必ず改善しますので、こすったり、保湿を怠らないようにすることが大切です。育児が落ち着いた頃に脱毛サロンに通うのも一つの手ですね。脱毛サロンでは脱毛だけでなく脇のホワイトニング等も行ってくれるサロンがあります。